私の練習・大会の結果報告

2020年2-3月 トレーニングレポート

2020年2-3月のトレーニングの詳細に関するレポートをアップします。練習メニューや頻度、マラソンレース結果の相関関係の目安にしていただくと嬉しいです。

サマリー

2/2に別府大分毎日マラソンに出場し、自己新をマークすることができました。今思えば、新型コロナの流行が始まる中、よく別府大分毎日マラソンが開催できたなと思います。ただ、レース前直前に練習を詰めていたことや、別府大分マラソンのコース路面が斜めに傾いていたこともあってか、レース後臀部から腸脛靭帯にかけての炎症を起こしてしまい、ほぼ1ヶ月の休養を余儀なくされてしまいました。2/16の青梅マラソンにも強行出場しましたが、(6キロでDNFという悲しい結果に)

その後マラソントレーニングに関する書籍を色々読みましたが、だいたい2-3週間前からはテーパリング(調整)に入るのが王道のようですね。いつもマラソンの準備期間が短く、どうしても直前まで詰めたトレーニングをしてしまいがちですが、次レースからは改善したいところです。

3月は、別府大分毎日マラソンのちょうど1ヶ月後である3/2~練習を再開しましたが、違和感が残っていたこともあり、Jog主体となりました。やはり怪我をすると、損失が大きいですね。

レース結果

2/2 別府大分毎日マラソン
3:12’39(43”-22’30-22’36-22’09-22’21-22’36-22’47-23’20-23’24-10’19)

2/16青梅マラソン
結果:DNF(6キロ地点)

当月の取り組み。

3月は、脚全体の違和感が消えきらず、Jog主体とせざるを得ませんでした。心肺能力も落ちてしまい、4’30/キロペースで走るのが精一杯という日が続きました。3月後半からようやく、不安なく走れるようになってきたというところです。

翌月の展望

4月は徐々にペース走やインターバルなどを入れていく予定です。新型コロナの影響で、本格的なトレーニングをできる場所を探すのは難しいですし、レースも中止となってしまいモチベーションの維持が難しいですが、今できることを一つ一つ勧めていきたいと思います。

  • この記事を書いた人

KOTA

戦略コンサル業の引退を機に2020年(34歳)より本格トレーニングを再開。 マラソン3時間12分39秒、5000m17分53秒だった私が、30代後半でマラソン2時間30分切り、5000m14分台、1500m3分台の全ての達成を目指す挑戦を記していきます。

-私の練習・大会の結果報告

© 2021 マラソン・陸上長距離奮戦記 Powered by AFFINGER5