マラソン・陸上長距離奮戦記

30代後半でのサブ2.5・14分台・3分台の達成に向けた挑戦

月間トレーニングレポート

2020年12月練習メニュー(5000m 16分台狙い)

投稿日:

練習メニューのサマリー

月後半の松戸記録会、M&Kディスタンスチャレンジの5000mをターゲットレースに取り組んだ月でした。(31日のうち、22日ラン)

3レース(奥多摩駅伝、松戸記録会5,000m、M&Kディスタンスチャレンジ5,000m)に出場した割には、ポイント練習を10回(インターバル系5回+ペース走系5回)入れることができ、走行距離も253kmとまずまずの月でした。

10月以降の5,000mの連戦により、右股関節に痛みがあり、12月最終週はほぼ休んでいる中での253kmということもあり、12月上旬~中旬は非常に充実したトレーニングを積めていたと言えると思います。

マラソン・トラックレース結果

12/6 奥多摩駅伝 6区(7.4km) 26分13秒
12/20 松戸記録会 5,000m 17分39秒(3’28-30-31-41-26)
12/27 M&Kディスタンスチャレンジ 5,000m 16分59秒(3’22-22-23-26-24)

今月の取り組み

5,000mを16分台で走るには3分24秒平均で走り続ける必要がありますが、1000mのインターバル走を3分20秒ペースでやりきることが難しいという課題感を抱えていたため、12月の前半はスピード強化として400mのインターバル(77秒台目標)を繰り返し行いました。

また12月からは、毎週水曜日に舎人公園で開催されているまるお製作所の練習会(「メタボの会」)に参加させていただき始め、自分が敬遠してしまいがちなペース走に取り組む環境を整えました。

結果的に、スピード練習とペース走のバランスを取りながら課題感のある部分に意識的にアドレスしていたことが、12/27M&Kディスタンスチャレンジにおける16分台につながったと思います。(同レースではNikeのヴェイパーフライを初使用したことも大きな要因でしたが)

来月に向けて

4月の長野マラソンにエントリーしているため、まずは開催される前提で少しずつ走る距離を伸ばしていきたいと思います。

ただし、新型コロナの状況を見ると、長野マラソンが中止となる可能性も高まっていることから、1-2月は距離走は20-25キロ程度にとどめ、長野マラソンが中止となった場合すぐにトラックに戻れるようスピード練習も並行して行っておきたいと考えています。

これまで、レースも含めてポイント練習を週4回行うケースがありましたが、距離を伸ばすことによる足腰の負担を考慮し、週3回を基本としながら、残りの1日はプールやバイクのクロストレーニングに当てていく予定です。

-月間トレーニングレポート

Copyright© マラソン・陸上長距離奮戦記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.