私の練習・大会の結果報告

2019年10月 トレーニングレポート

2019年10月のトレーニングレポートをアップします。練習内容と、レース結果の相関などの参考にして頂けると嬉しいです。

サマリー

ハーフマラソンと5000mで計3回PB(自己新)を出すことができ、冬シーズンに向けて非常に充実した月となりました。

ポイント

  • 31日中14日のランニング
  • 4レースに出場、6回のポイント練習を実施
  • 月間走行距離は157.2km

レース結果

10/6 鶴ヶ城ハーフマラソン
 結果:1:29’52’”(21'51-21'57-21'20-20'13-4'19)
10/22 M×Kディスタンス(5000m)
 結果:18’12”(1000mラップ 3’34”-3’35”-3‘39”-3’40”-3’42”)
10/27 手賀沼ハーフマラソン
 結果:1:29’51’”(21'10-21'05-21'08-24'01-5'24)
10/31 織田フィールド合同タイムトライアル(5000m)
 結果:17’53”(1000mラップ 3’33”-3’34”-3‘35”-3’36”-3’33”)

今月の取り組み

涼しくなってきたこともあり、ペース走を高い強度で取り組めるようになってきました。皇居を新たにトレーニング場所として加えたことで、ペースにこだわりながらペース走をできるようになったのが良かった点かなと思います。

月初の鶴ヶ城ハーフマラソンで思いのほか90分を切れたことにより、モチベーションが向上したのも良かったです。月末の5000Mのレースでは高校時代以来の17分台をマークすることができ、非常に思い出深い月となりました。

反省点としてはレースを盛り込みすぎたこともあり、つなぎの週にも強度の高い練習を入れてしまったため、狙ったレースの出走前に既に脚が重い/違和感ありというケースが2回ありました。手賀沼ハーフではそれが理由でラスト5kmの失速を招いてしまったように思いますし、5000mで17分53秒を出した日も、アップ時点で脚が相当重く、まさかベストが出るとは思えない状況でした。怪我寸前だったかもしれませんので、今後注意していこうと思います。

翌月の展望

11/17の戸田ハーフマラソンが台風の影響で中止となってしまいましたので、レースは11/3のぐんまマラソン(フル)のみとなります。
(記事を書くのが遅くなったため、書いている時点で既に出走済み)。

ぐんまマラソン後は12月1日の湘南国際マラソンがターゲットとなりますので、サブスリーを目指して距離を踏んでいきたいと思います。
(これも記事を書いている時点で風邪等が重なっており、事実上難しい目標になっています…)

  • この記事を書いた人

KOTA

戦略コンサル業の引退を機に2020年(34歳)より本格トレーニングを再開。 マラソン3時間12分39秒、5000m17分53秒だった私が、30代後半でマラソン2時間30分切り、5000m14分台、1500m3分台の全ての達成を目指す挑戦を記していきます。

-私の練習・大会の結果報告

© 2021 マラソン・陸上長距離奮戦記 Powered by AFFINGER5