私の練習・大会の結果報告

2021年9月 全練習メニュー(順調な1ヶ月)

9月は非常に順調な月でした。

練習メニューのサマリー

7-8月の走り込み期間を終え、9月前半はペース走を主体としながらLT域の能力を回復させつつ、後半にかけて少しずつインターバルの頻度を上げていくことでVo2MAXの強化を図りました。量・質ともに非常に充実した練習を積めたことで、高強度練習1ヶ月目にして既に2021年5月(最も状態が良かったと推定)の走力を超えてきている実感を持てています。

ポイント

  • 31日のうち23日練習(うち2部練習は3回)
  • ポイント練習は13回実施(ペース走7回、インターバル6回)
  • 90分以上のロングジョグを5回実施
  • 月末にかけて休暇を増やしたため、月間走行距離は354.7kmと標準的

マラソン・トラックレース結果

高温に弱い体質ということもあり、7-9月は意識的にレースから距離をおいていました。

 

今月の取り組み

9月前半は8月に週1回程度行っていたCVインターバルをペース走として分割→連続の形に繋げていくことで、走り込みに注力しすぎて低下してしまっていたLT域の能力を向上させることに集中していました。

ペース走には苦手意識がありますが9月後半も昨秋、今春はペース走をほとんど取り入れておらず、5000mのレースの後半に失速するケースもあったため、ペース走を継続して意識的に取り入れました。高強度練習をペース走主体で取り組むというのは、少なくとも社会人になってからは初めての試みでした。

9/1時点では3’40ペースでも2000mしか走れないという有り様でしたが、9月後半にかけては3’40ペースで12000m3’30ペースで6000mなどがこなせるようになり、LT域の能力も改善してきたように感じます。

9月後半からはショートインターバルは単独練習でこなし、チーム練習会を使ってレベルの高いミドル・ロングインターバル、Twitterを通じて週末にペース走の練習会を開催することで、インターバル、ペース走のバランスを整えながら練習を消化していきました。

7-8月と高強度練習を控えていた割には、インターバル・ペース走へとスムーズに移行することができ、結果的に非常に順調な月となりました。

 

↓このような形で月に2-3回ペース走の練習会を開催しています

来月に向けて

10/3の1500m(川口市民体育祭)、10/10の5000m(川口長距離記録会)がターゲットとなります。1500mでは4分25-30秒5000mでは16分20秒程度を狙いたいと思います。

10/10の5000mのレース後は、11月末までレースがなくなるため、ペース走主体の練習を継続しつつ、絶対的なスピード向上に向けたレペティションを取り入れることにより、3’10ペースの動きに余裕を持てるようにしていきたいと考えています。

今シーズンのレース予定と目標はざっと以下の感じです。

10/10 川口長距離記録会16’20
11/27 MKディスタンスチャレンジ 15’59
12/20 松戸記録会 15’45

  • この記事を書いた人

KOTA

戦略コンサル業の引退を機に2020年(34歳)より本格トレーニングを再開。 マラソン3時間12分39秒、5000m17分53秒だった私が、30代後半でマラソン2時間30分切り、5000m14分台、1500m3分台の全ての達成を目指す挑戦を記していきます。

-私の練習・大会の結果報告

© 2021 マラソン・陸上長距離奮戦記 Powered by AFFINGER5