私の練習・大会の結果報告

2020年6月練習メニュー

ここ最近練習メニューをあまりアップできていなかったため、約半年分を一気に上げていこうと思います。まずは2020年6月の練習メニューの詳細です。

練習メニューや頻度、マラソンや5000mなどのレース結果の相関関係の目安にしていただくと嬉しいです。

練習メニューのサマリー

別府大分毎日マラソン後の3週間の休養により、ランニングのパフォーマンスが落ちてしまい、なかなかスピードが戻らないという問題に悩まされていたのですが、ひょんなきっかけで参加した6/21の仙人タイムトライアル会(@織田フィールド)で5000mの自己ベストを5秒ほど更新することができたのでした。

ようやく3分30秒ペースで1000m×5本ができるようになってきたというタイミングでしたので、当日のPB更新には信じられない思いもありましたね。 今思えば、このタイムトライアル会が2020年の快進撃のきっかけになったのでした。

マラソン・トラックレース結果

6/21 仙人タイムトライアル(織田フィールド)

17’48”(3’38-3’34-3’36-3’33-3’26)

※当初18分10秒を狙うも、1000mで行けそうだったことから、ペーサーと話してペースを上げてもらったという流れ

今月の取り組み

20日練習を行い、うち11回のポイント練習を行った月でした。特にスピードが落ちているという問題意識から、インターバルを徹底的にこなしていました。

新たな取組みとして、300-400mのインターバルを行うように意識するようになったのもこの6月からの方向性のシフトでした。この半年間、5000mで結果が出ている大きな要因の一つと感じています。

  • この記事を書いた人

KOTA

戦略コンサル業の引退を機に2020年(34歳)より本格トレーニングを再開。 マラソン3時間12分39秒、5000m17分53秒だった私が、30代後半でマラソン2時間30分切り、5000m14分台、1500m3分台の全ての達成を目指す挑戦を記していきます。

-私の練習・大会の結果報告

© 2021 マラソン・陸上長距離奮戦記 Powered by AFFINGER5